生活習慣はあなた自身

普段生活をしていて、生活習慣について考える時間なんてそんなに多くはないでしょう。しかしその生活習慣は実はあなたの全てです。身体だけでなく心も、生活習慣がとても関係しています。

生活習慣はあなた自身

そもそも生活習慣とは何のことなのか

 生活習慣病とは厚生労働省では「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣が発症・進行に関与する疾患群」と説明しています。そのため、1つの疾患を示すのではなく複数の疾患を示しています。発病する病気としては脳卒中や高血圧、脂質異常症、肥満症、痛風、うつ病、糖尿病などさまざまな病気が挙げられます。この中でも三大生活習慣病と言われている病気ががん・心疾患・脳卒中です。この3つの疾患は日本人の三大死因にもなっている病気と言われています。
 生活習慣病は少し前まで成人病とも言われていました。生活習慣病は加齢とともにリスクが高まると思われていましたが、実際は加齢だけでなく様々な生活習慣が要因が関係しているということが解明され生活習慣病と呼ばれるようになりました。そのため、年齢を重ねた方だけでなく子どもや若者も発症することも分かっています。近年、日本だけでなく世界中で肥満になる子どもが増加しています。子どもの肥満を放置していると脂質異常症や高血圧、動脈硬化、糖尿病などを発症することもあります。幼少期からこのような症状がある場合大人になってから脳血管疾患や心疾患にかかり最悪の場合には死亡するリスクが高まることもあります。
 生活習慣病は日々の生活を改善することで予防することができます。肥満傾向にある場合は肥満を解消することで心疾患や脳梗塞など命にかかわる病気も予防することができます。また、糖尿病は一度発症すると完治することはなく一生付き合っていかなければいけない病気となるため予防することは重要となります。子どものうちからバランスの良い食事に気をつけ適度な運動、規則正しい生活をすることで健康的な生活を送ることができます。

■生活習慣の乱れで胃の調子が悪くなることもあるので薬を用意しておきましょう
ネキシウム
■規則正しい生活習慣の為にも、眠れないなら薬も考えましょう
睡眠薬 通販
エソメプラゾールは胃腸の調子を正常にすることができます
■逆流性食道炎の疑いがある人は、まず食生活や生活習慣を見直してみましょう
逆流性食道炎とは何か?