普段生活をしていて、生活習慣について考える時間なんてそんなに多くはないでしょう。しかしその生活習慣は実はあなたの全てです。身体だけでなく心も、生活習慣がとても関係しています。

生活習慣はあなた自身

生活習慣とパワーヘルスとリスクについて

家庭用電位治療器であるパワーヘルスは、35年ほど前に開発されたものであり、幅広い出力で一人一人にあった治療を行うことができます。パワーヘルスは軽量で持ち運びもしやすいですし、操作が簡単なので機械が苦手な人でも簡単に使うことができますし、多くの人から支持されています。片頭痛や肩こり、便秘、不眠症などに改善効果があると言われており、出力によって使用する時間を変えていくことにより、誰でも使用することができます。パワーヘルスを購入したいという場合、ネットで情報を集めてみると良いでしょう。日本人の食生活の変化が生活習慣病のリスクの増加に繋がっており、特に脂肪の増加や食塩の過剰摂取、食物繊維の減少などが大きな原因と言われています。食物繊維はもともと人の消化酵素では消化できない成分であり、栄養的には価値のないものと考えられていました。しかし、1950年代になって糖尿病や心疾患、肥満などの予防や治療に食物繊維が効果的であると分かるようになったのです。かつて日本人の食事は主食のご飯を中心に魚介類や煮物、みそ汁、漬け物などで構成されており、このような食事であれば特に注意しなくても一日に必要な量の食物繊維を摂取することができていました。しかし、現代で和食ではなく洋風の食事を摂ることが増えており、肉類の増加や糖類の増加などにより、食物繊維の摂取量が大幅に減少してしまったのです。食物繊維の摂取量が減ったことにより、大腸がんなどの生活習慣病のリスクが増加していますし、腸内の有害菌の増加によって免疫能の低下なども指摘されています。生活習慣病のリスクを減らしたいという場合、伝統的なバランスの良い日本食を見直すようにしましょう。